BookLive

ブックライブの電子書籍サービス情報

 

電子書籍を販売しているインターネット上のお店を電子書籍ストアと呼びます。電子書籍ストアも徐々に増えていますが、初めて電子書籍を購入するとなるとどこを使えばよいのかわからず困ってしまうでしょう。

 

特にスマートフォンに対応しているかどうかはサイト選びも基準となるでしょう。そこでオススメなのが「BookLive」です。

 

BookLiveとは電子書籍ストアですが、数多い電子書籍ストアの中でも注目を浴びており使い勝手がよいと評判です。

 

ウェブサイトのデザインは全体的に明るく、特集なども見やすくレイアウトされているので初心者にもオススメ。初めての人でも使いやすいようガイドが用意されているのも親切です。

 

少年漫画から少女漫画まで、ありとあらゆる作品を用意。若者から人気のライトノベルのカテゴリなどもあり、TOPページを見ているとサイトの充実さが伺えます。

 

BookLive公式サイトはこちら

 

小説や実用書などまで配信

漫画の品揃えが充実しているのは嬉しいものですが、中には小説や実用書を読みたいと考えている人もいるでしょう。

 

BookLiveも総合書籍サイトとしての価値があり、漫画はもちろん小説や実用書も取り扱っているので是非チェックしてみよう。

 

 

 

トップページにアクセスしページ上部にタブがあり、このタブからカテゴリを切り替えることができます。「総合」はすべてのカテゴリを対象としたタブです。

 

漫画も小説も集められているため作品全体に目を通したい人向けです。「文芸」とは小説のこと。ミステリーやSFやノンフィクションなど、小カテゴリを利用すれば作品を絞り込んでいくことができます。

 

「ビジネス・実用」は、ビジネス書と実用書を専門としたカテゴリ。趣味に役立つ本から仕事に役立つ本まで取り揃えられています。

 

無料会員登録で使える機能が増える

電子書籍ストア「Book Live」を快適に利用したいなら、会員登録を済ませておきましょう。BookLiveの会員登録は無料で、入会費や年会費はいっさいかかりません。

 

会員登録はBookLiveのトップページ右上にある「無料会員登録」と書かれたオレンジ色のボタンから行うことができます。

 

 

会員登録をするにあたって必要な情報はかなり少なく、数分もあれば完了。なお、Facebook IDを持っていれば、IDを使ってより簡単に会員登録ができます。

 

必要なのはパスワードの設定だけになるので、手間が省けます。そして無料会員登録が完了すると使える機能が増えます。まずは基本的なマイページ機能です。

 

こちらでは登録情報を変更できる他、今まで購入した電子書籍の履歴、ポイントの詳細を確認できます。ポイントには有効期限がありますのでこまめに見ておきましょう。

 

それから「My本棚」にも注目。BookLive専用の本棚といった感じで利用することが可能です。今まで購入した書籍の情報を確認、また並び替えたりといった管理ができます。

 

「キープ」「セーフサーチ」「レビュー」などの機能も便利ですので使ってみて下さい。またその他の基本的な情報も掲載しておりますので、ご確認してみてください。

BookLive記事一覧

レビューを読んでみる

電子書籍ストア「BookLive」はレビュー機能を導入しています。BookLiveの使い方を覚え、慣れてきたら「今度はどんな作品を読もうかな」という気持ちになれ...

≫続きを読む

セーフサーチ機能

BookLiveはセーフサーチ機能があるのも特徴になります。電子書籍サイトを利用していて、過激な漫画作品などが表示されたことがありませんか?また子供に見せたくな...

≫続きを読む

2daysのサービス詳細

BookLiveのページ上部にはいくつかのタブがあり、カテゴリ分けされています。文芸や漫画などのタブがずらりと並ぶ中、いちばん右にある「2days」のタブ。この...

≫続きを読む

Lideoって?

BookLive内でサービスを利用していると「Lideo」という言葉が度々目に入るかと思います。Lideoとはいったいなんなのか。実はLideoとは電子書籍用端...

≫続きを読む

専用のアプリも配信

BookLiveも他のサイトと同じで「ブラウザで読む」ことも一部の作品については可能なのですが、全て対応している訳ではありません。立ち読みをする場合ブラウザ読み...

≫続きを読む

書籍購入方法〜BookLive編

初めて電子書籍ストアを利用するとなると購入方法に戸惑うと思います。電子書籍はデータですから、一般的なネット通販とは少し違います。注文して商品が発送されて届くわけ...

≫続きを読む

改善や要望はリクエストで

BookLiveを利用していると、不満な点など出てくると思います。使えば使うほどサイトの良し悪しというものが分かってくると思います。そこで「リクエスト」ができる...

≫続きを読む