色が付いている漫画がある

電子書籍ならではのカラー漫画

スマートフォンコミックを立ち読みしたり、あちこちのサイトやストアを覗いてみると、表紙にあたる部分以外にも、結構色が付いているページが多いのに気付く。

 

以前からの紙ベースの漫画だと、カラーというのは随分特別な感じで、巻頭数ページがカラーというのはなにやら有難い感じさえあったものだ。

 

これは印刷の技術の問題で、詳細については専門的になるが、とにかく手間やコストなどの面で簡単に出来る、という訳ではないようだ。

 

しかしスマートフォンコミックなど電子書籍の漫画、ようはデジタル化された画像になると、少し勝手が違うらしい。

 

色は基本の四色を混ぜ合わせるということで、それはシアン、マゼンタ、黄色、黒の四色である。その混ざりぐあい、重なり具合で色は変わってくる。

 

この技術的な問題は、デジタル画像ではクリア出来るとのこと。問題はデータが若干重くなってしまう、それのみらしいので、一巻丸ごとフルカラーなんてことも出来るらしい。

 

特に人気の漫画だと全巻カラーだったり、なんてものまであるのである。その色目や、カラーをどう考えるかはひとそれぞれだと思うし、この色はイメージと違うなんていうこともあるかもしれない。

 

しかしアニメ化された漫画を考えてみると、白黒のものは殆ど無いのだから、アニメ化された漫画をイメージするのも一つの手である。

 

色が付いている漫画(カラー漫画)は、イメージとしては華やかになる、メリハリが付く、迫力があるなどなどのメリットはあるかと思われる。

 

スマートフォンコミックの漫画ならではのダイナミックさも味わってみたいところだ。